トップ > 長年患っていた持病は外耳炎

長年患っていた持病は外耳炎

"私は、暇さえあれば耳かきをしてしまいます。

これは昔からの癖なのですが、やはりやりすぎは良くないようで、外耳炎にすぐなってしまいます。

耳の中が傷ついて、そこにカサブタが出来ると、今度はそのカサブタを取りたい衝動に駆られます。

すると血が出てまたカサブタが出来る。
それをまた取るの繰り返しです。

それが悪化すると、耳が痛くなります。
電話の受話器が当てられないぐらいに痛くなり、もう絶対に触らないようにしようと猛反省します。

そんなことを10年以上続けていました。

しかし、つい最近のことなのですが、本当に痛くて仕方なくなりようやく耳鼻科に行くことにしたのです。

当然、耳を触りすぎと先生には怒られました。
外耳炎が相当悪化しているといわれました。

しかし、薬をつけてもらい暫く耳を触らないでいたら、1日で痛みが治まったのです。

飲み薬ももらい、中の腫れもすっかり引いたようです。

もうあんな痛みは懲り懲りなので、先生の言うことを守って耳かきは控えていますが、やはり時々耳かきをしたい衝動にかられます。

この衝動がなくならない限り、私の持病は完治したとはいえないかもしれません。"

前の記事 | 次の記事