トップ > 胆のうにポリープがあると言われたのは7年前。

胆のうにポリープがあると言われたのは7年前。

"いつできたのかは不明で、その時初めて腹部超音波を受けたので胆のうに2つ小さなポリープがあることが発覚したのです。
原因は不明らしく、コレステロール値が若干高いのが関係しているのかも、ということでした。
以来、数年に一度検診を受けていますが、形状がきのこ型で全く大きくならないので、特に問題はないそうです。医者の話では、ほぼ悪さをすることのないポリープだとか。
形状が山型だと悪性の可能性があるので要注意だそうです。
自覚症状も全くなく、経過観察でも7年間全く大きくなっていないのですが、それでも生命保険の自己申告では全てはじかれてしまいます。取ってしまえばいいらしいのですが、抱えている限りはダメなのだそうです。
終身型の医療保険に切り替えたかったのであちこち検討しましたが、結局持病があっても大丈夫なタイプにしか入れず、保険料が割高になったのが残念です。今後も2年に一回くらいは超音波を受けて大きさや数に変化がないか経過観察していく予定です。
"

前の記事 | 次の記事